【即改善】クリック率が高いサムネイルを作るためのポイント

:

結局クリックしてもらわないと動画の中身にこだわってもねえ…

こんにちは!株式会社Suneight(サンエイト)、トレンドクリエイターのユウスケです!

冒頭で毒を吐いてしまいましたが、これは紛れもない事実です!!!

クリックしてもらえない動画は「山奥でやっているこだわりのラーメン屋」と一緒!
どんなに味にこだわっても誰にも知られない…
まずは知ってもらうことが大事です!

今回はクリック率が高いサムネイルを作るポイントを紹介していきます!

 


 

ポイントをお伝えする前にサムネイルって何のために作るのか説明できますか?

正解は「視聴者の目に止まらせるため」です。

視聴者はYouTubeに公開されている膨大な量の動画の中から自分が気になる動画を選んでクリックします。
自分に必要な動画はなんなのか、画面をスクロールしながら選んでいくわけですが
「お、なんだこれは!」と思ってもらえないとスクロールは止まりません。

動画は遥か彼方へ流れていってしまうのです。泣
そんなの悲しいじゃないですか、せっかく良い動画作ったんですもの。

これを踏まえた上で、改めてクリック率が高いサムネイルを作るポイントを紹介していきます!

 

文字は1秒で読ませる!

伝えたいことがあり過ぎていっぱい文字を書いてしまう。
これありがちですがすぐに止めましょう!

視聴者はスクロールするときに文字をだらだらと書いても読めません!
読んでいないんです!その考え抜いたコピーライティング!悲しい!

一般的にスクロール中に見てもらえる時間は1秒ほどだと言われており、
1秒で読むことができる文字数は7文字くらいだと言われています。

上記の理由からサムネイルに文字を入れるときは7文字以下にしておきましょう!!
「衝撃」とか「怒り爆発」とかで良いんです!

サムネイルの目的は「視聴者の目に止まらせるため」
だらだらと長い文字を書いてもそんなのは発信側のエゴなんですね…

 

文字はとにかく大きく!

これも上記と近いんですけどスクロール中に小さい文字って読めないですよね?

サムネイル製作者が陥りやすいのは「PCで見たら読める文字サイズ」で作ってしまうところです!
今の世の中スマホです!あの小さな画面でちゃんと見えるように大きく表示しなくてはいけません!

「文字が大きいとダサい…」

極論ダサくても良いんです!

ダサくてクリックしてもらえるのか、オシャレだけどスクロールで遥か彼方へ流されるのか。
どちらが良いかなんて明白ですよね!クリックしてほしい!

もちろん文字が大きくてオシャレにサムネイルを作ることができれば最強です!

サムネイルに悩んだら、「これは視聴者の目を止めることができるのか?」と振り返ってみてください!

 

ユウスケ
ユウスケ
株式会社Suneight(サンエイト)にてクライアントの業種別リサーチ力と解析業務において右に出るものはいない。YouTubeアナリティクス活用法に関する情報配信を担当。「流行りは作っちゃおうぜ」を口癖に『トレンドクリエイター』として活躍中。