RECRUIT

タイトルで損?!YouTubeの再生数を伸ばしたい人は必見!

:

COLUMNS

COLUMN

「こんなに頑張ってYouTubeに投稿しているのに何で再生数が伸びないんだあぁぁぁぁあ!!!」
なんて言っている結果が出ていないあなた!
実はYouTube SEOのやるべき事が抜かっていたりしませんか…?
 
 
こんにちは!株式会社Suneight(サンエイト)、トレンドクリエイターのヒロセです!
 
今回は頑張っても頑張っても結果がついてこなくて悩んでいる方に向けて
「YouTube SEOを意識したタイトルの作り方」をまとめました!
 
YouTubeに動画をただ投稿すれば見てもらえるだなんて夢のまた夢…
このまとめを確認して、どんどん再生数を伸ばしていきましょう!!
 

 

1.誰に見て欲しいのか決めていますか?!

 
大切なのはその動画を観るターゲットを決めて
メインキーワード+サジェストキーワード+インパクトキーワードを混ぜて作る事です!
 
 
詳しく説明します!
例えばあなたはステーキ屋さんの店長だとします。
検索してもらいたいキーワードはもちろん「ステーキ」ですよね!
この「ステーキ」がメインキーワードになります。
 
 
次にサジェストキーワードの説明ですが
サジェストとは他の検索候補のことです!
 
YouTubeの検索欄にステーキと入力すると
 
ステーキ 大食い 
ステーキ 作り方
ステーキ 焼き方
 
などのように検索候補が出てきます。
 
この 大食い 作り方 焼き方 がサジェストキーワードなのです!
 
 
ステーキ屋さんの店長であるあなたは目玉商品である「10kgステーキ」の宣伝用に動画を作ったとします。
これだったら動画を観てもらいたいターゲットは作り方を知りたい人じゃなくて、大食いに興味がある人ですよね?
ですのでサジェストワードは「大食い」にします!
 
 
最後のインパクトワードですが
これは文字通り「人の目を引く インパクトのあるキーワード」のことです!
インパクトキーワードがあるだけで人は何故かクリックしてしまうんですよね…
 
 
例えば
「衝撃」、「これだけは押さえておけ」、「大暴露」などが
インパクトキーワードになります。
 
今回は「衝撃」にしてみます!
 
他にもインパクトキーワードはいっぱいあるので
色々な動画を参考にしてキーワードを見つけてみましょう!
 
 

 

2.タイトルは27文字以内に!

 
 
それでは先ほど決めたメインキーワード、サジェストキーワード、インパクトキーワードを使って
タイトルを作っていきましょう!
 
 
注意点は27文字以内にメインキーワード、サジェストキーワード、インパクトキーワードを入れることです。
何故27文字なのか説明すると
スマホでYouTubeを観る際に27文字以降は省略されて見えなくなってしまうんです!
 
せっかく考えたキーワード達も見えなくなってしまっては元も子もありません…
絶対に27文字以内に入れましょう!
 
 
例ですがキーワードを混ぜて27文字内のタイトルを2つ作ってみました!
 
・衝撃のデカさ!大食いでも降参必須の10kgステーキ!
・【10kgステーキ】大食い自慢も真っ青な衝撃的デカさ!
 
 
さあここで突然のクイズです!
この2つのタイトル、どっちがYouTube SEO的に有利かわかりますか?
 
 
 
 
 
正解は「【10kgステーキ】大食い自慢も真っ青な衝撃的デカさ!」です!
 
YouTube SEO上、観てもらいたいキーワードを前に配置した方が効果が高いと言われています。
なのでメインキーワードである「ステーキ」を前に配置したタイトルの方が有利なのです!
 
 

 
いかがだったでしょうか?
タイトルってかなり大事なんですよ!
 
しっかりと観てほしいターゲットを決めて、それに合わせてタイトルを決める!
ここで気をつけてほしいことは
「自分が発信したい情報ではなく、ユーザーに求められる情報を提供する」
ということが大事なのです!
 
 
せっかく作った動画が観てもらえないなんて悲しいですよね…
そんなことにならないようにしっかりタイトルをつけていきましょう!
 
 
The following two tabs change content below.
ヒロセ

ヒロセ

株式会社Suneight(サンエイト)にてクライアントの業種別リサーチ力と解析業務において右に出るものはいない。YouTubeアナリティクス活用法に関する情報配信を担当。現在は『トレンドクリエイター』として、言葉と思考の関係性に関心を持って探究中。