【タイ物件】賢い部屋の探し方!不動産会社を通さないと逆に損する!その理由は?

:

『オーナーさんと直接交渉する方が損!?』『不動産会社の〈うちだけ〉は要注意!?』
あなたの持っている物件知識は本当に大丈夫ですか?
知ってる事も知らなかった事もタイ・バンコク物件のプロ!ディアライフ安藤社長が徹底解説します!

【出演者情報】

石井エリ(いしい えり)
1991年7月29日生まれ 埼玉とパタヤ出身
日タイハーフ 大学卒業後からタイに本格移住
趣味は海外旅行/美味しい物巡り/動物全般/語学
特技はなんでも楽しめるというマイペンライ精神を持つ。
▶️インスタグラム https://www.instagram.com/eri_thailife.141/

安藤功一郎(あんどう こういちろう)
1981年8月10日生まれ 神奈川県出身
2006年 タイ/バンコクで旅行会社を起業、20億円規模に成長させM&A売却
2012年 東南アジアを中心に不動産事業を展開するDear Life Corporation(ディアライフ)を創業、タイでの住宅仲介件数は10,000件以上
現DLホールディングス株式会社 代表取締役CEO。

田中D(女性、B型)
元テレビ局員(番組制作16年、宣伝プロデュース7年)
AD,FD,AP,ディレクター、プロデューサー、キャスティング、宣伝プロデュースを経験。
タイが好き過ぎて転職を決意。2019年11月にタイに赴任し「テレビと同じクオリティの番組制作」をモットーに日々奮闘中 


TODAY:賢い部屋の探し方

石井:今日は安藤社長をお迎えして、「賢いお部屋の探し方」を伺いたいと思います!
よろしくお願いします!

安藤:よろしくお願いします。

タイの物件の探し方に関して、日本の物件と基本的には同じになります。
インターネットとかを使って住みたい物件を探されると思います。

日本とタイの一番の大きな違いを不動産の専門用語的に言うと、
一般媒介か専任媒介かという仲介の形態の違いになります。


安藤:一般媒介というのは、全不動産会社さんが物件を取り扱えることです。
専任媒介というのは、不動産会社さんが扱える物件が限られているということです。

日本をイメージしていただければ分かるのですが、
駐車場やマンションに「〇〇不動産」とダイレクトに看板が貼ってあるケースがありますよね。

これが一般的に専任媒介の特徴で、その不動産屋さんに連絡して物件や駐車場を借りられます。

こういった方法が日本の物件の探し方なんですが、タイに関してはこういった探し方が一般的ではないです。 もちろん、全てにおいて例外はありますが。

タイでは、一般的には全業者さんが全ての物件に行けますので、
1つの業者さんに問い合わせをすれば全ての物件が確認できてしまいます。

お客様にとってはすごく都合がいい形態になっている思います。

タイの物件ではどの不動産に問い合わせても
オーナーが同じなので条件や家賃に差は出ない

石井:ということは、どの不動産屋さんで調べても、同じ物件が出てくるということですか?

安藤:そうですね。

我々のお仕事としては、お客様がHPなどを見て
「この物件に住みたいんだけど、今空いてる?いくら?」「こういう条件で探しているけど、どういう物件がいいの?」と聞かれた時に、
その不動産を持っているオーナーさんに「今空いてますか?」「いくらですか?」と確認して、
お客様にご回答するのが我々の役目になります。

これって我々を使っても、A不動産さんB不動産さんを使っても、
問い合わせして確認して「空いているか、いないか」「いくらなのか」を回答するのはオーナーさんなので、 業者によって一切差が出ません。

なので少し裏側のお話をすると、よく不動産会社さんの中で「うちは他よりこの物件は安いですよ」「うちだけ空室を持ってますよ」というのは、
例外は一部あるんですが、基本的には「嘘」です。

石井:!! (笑)

安藤営業トークだと思ってください。


不動産会社と直接物件に行く場合

石井:では私たちはどうやって不動産会社を選べばいいんですか?

安藤:直接物件に行って聞いたりする方も結構いらっしゃいます。
その方たちにどうして直接聞きに行ったのか聞くと、
「直接行って不動産会社を通さない方が安いから」と言われます。

ですが、不動産会社を通してもオーナーさんのところに直接行っても、
例外はあるんですが基本的には同じです。

これは何故かというと、オーナーさんからすると不動産会社さんに仲介手数料を払うものの、
言葉もわからない外国人のお客さんとの間に入ってくれるからです。

1ヶ月仲介手数料を払ったとしても、間に入ってほしいというのが、オーナーさんの心理なんですね。
そうじゃないとタイ人のオーナーさんと日本人の住んでる方がずっとコミュニケーションを取り続けないといけないので。

直接行っても不動産会社を通してもお値段は変わらないです。

賢い不動産選び成約した時の特典を比べて、不動産会社を決めるのがおすすめ

安藤:その上で質問をいただいたように、「不動産会社を何で選べばいいか」といいますと、
各社その物件の空室情報や賃料が全く同じでも、各不動産会社さんが提供するサービスに差が出ます。

成約した時の特典で業者を選ぶと一番賢い業者選びができると思います。

賢い不動産選び仲介手数料を払う慣習がないため、不動産会社を通した方がお得

石井:では自分で直接物件を探して、オーナーさんとやりとりするメリットってあるんですか?

安藤結論から言うと、ないです!

石井:ええーっ!

安藤:日本だとシステム上、礼金・仲介手数料というものが発生して、
オーナーさんにも借りるときに家賃以外に1ヶ月分など、あと仲介手数料も不動産業者さん側に必要になります。

例えばERIちゃんが日本で家を借りる場合、ERIちゃんが仲介手数料を1ヶ月分不動産会社に払う必要がありますよね。

そういった手数料を払う慣習がタイにはないので、不動産会社が「使い得」になります。

石井:おぉ〜!

安藤:逆に、直接契約してしまった場合、言葉が分からないオーナーさんとずっとやりとりをしなくてはいけないです。

この後別のコーナーでお話ししますが、
不動産会社を使うと、成約した時にもらえる特典が受け取れますので、不動産業者を使った方がお得になります。

例えばタイだとお引越し代が無料になったり、いろいろ特典があります。

石井:ということは不動産業者を通さずに直接オーナーさんと契約してしまうと、損ということですよね?

安藤:そうですね!
まあ、一応例外もあって、誠実なディアライフの安藤だからお話ししますが……。

石井:あはは(笑)

安藤:100件に1件くらい、仲介手数料を不動産会社に払わなくていいので、その分家賃を少し安くするというケースはありますが、
それは本当に100件に1件くらいです。

その100件に1件のためにすごい無駄な時間を遣うと、そちらの方が損すると思います。

石井:なるほど。

石井:では、不動産会社を使った場合のメリットや特典を、ぜひ次回教えてほしいです!

安藤:それでは次回は、不動産会社の成約特典についてお話ししたいと思います。


スタジオの様子

今日の動画を見て、「いいね!」と思った方はいいねボタンを押してください!
これからも「タイの物件情報」をどんどんお知らせします!
質問があれば、コメントもいっぱいください!
チャンネル登録もよろしくお願いします!

==========================

タイ・バンコクにある最大手の日系不動会社 "Dear Life Corporation (ディアライフ)”の公式チャンネルです。
タイに駐在される方に向けて賃貸物件情報はもちろん、生活情報やエンタメをお届けいたします。

【タイ駐在チャンネル】チャンネル登録はこちらから!是非よろしくお願いします! ▶️http://www.youtube.com/channel/UCi6uZ...

◦タイ駐在の方必見!お部屋探し、不動産、賃貸情報はディアライフ
バンコク
▶️https://www.dlife.co.jp/ (HP)
シラチャ
▶️https://www.sr.dlife.co.jp/ (HP)
インスタグラム
▶️https://www.instagram.com/dear_life_bangkok/ (Instagram)

◦タイで注目の”ムエタイ+フィットネス”ジム【MIGAKU】
▶️https://dl-migaku.com/ (HP)
▶️https://www.instagram.com/dl_migaku/ (Instagram)

◦バンコクでお子様の習い事、ナンバー1のサッカースクール
セレッソ大阪サッカースクール・バンコク校
▶️https://dlhd-fc.com/

タイ駐在チャンネル
タイ駐在チャンネル

タイ・バンコクの不動産事情がよくわかる!
バンコクの日系不動産最大手ディアライフが物件を徹底取材!
動画でわかりやすくYouTubeでお伝えする「タイ駐在チャンネル」

ディアライフとは?
バンコクの賃貸住宅、マンション、アパート、コンドミニアムをお探しならディアライフにおまかせ!バンコク最大級の不動産物件情報からお客様にピッタリのお部屋を探せます。
日本人スタッフ常駐、仲介手数料無料、下見も専用車で無料でご案内いたします。