【タイ情報】最新映像で見る!タイ with コロナ とは?

:

タイ・バンコクの新型コロナウイルス事情。
非常事態宣言の緩和から約20日…
最新の貴重な現地映像と共に語る、タイの「今」とは!?

スタジオ収録:2020年 5月25日(月)

【出演者情報】

石井エリ(いしい えり)
1991年7月29日生まれ 埼玉とパタヤ出身
日タイハーフ 大学卒業後からタイに本格移住
趣味は海外旅行/美味しい物巡り/動物全般/語学
特技はなんでも楽しめるというマイペンライ精神を持つ。
▶️インスタグラム https://www.instagram.com/eri_thailife.141/

安藤功一郎(あんどう こういちろう)
1981年8月10日生まれ 神奈川県出身
2006年 タイ/バンコクで旅行会社を起業、20億円規模に成長させM&A売却
2012年 東南アジアを中心に不動産事業を展開するDear Life Corporation(ディアライフ)を創業、タイでの住宅仲介件数は10,000件以上
現DLホールディングス株式会社 代表取締役CEO。

田中D(女性、B型)
元テレビ局員(番組制作16年、宣伝プロデュース7年)
AD,FD,AP,ディレクター、プロデューサー、キャスティング、宣伝プロデュースを経験。
タイが好き過ぎて転職を決意。2019年11月にタイに赴任し「テレビと同じクオリティの番組制作」をモットーに日々奮闘中 


緊急事態宣言緩和後のタイの様子

石井:5月3日からコロナの緊急事態宣言が徐々に緩和されました。
社長から見て実際のバンコクの様子はどうでしょうか?

安藤圧倒的に人と車の数が増えたという印象があります。

石井:確かに、渋滞も始まりましたね。

安藤:元々の100%の状態比べると、今の渋滞は半分くらいですね。

チャトゥチャック市場の状況

観光客はまだいないが、地元のタイ人の方が利用し始めている

石井:オープンしたチャトゥチャック市場も実際に見てきましたが、緊急事態宣言緩和の1週目はまだ半分くらいしかお店がやっていませんでした。

2週目に行ってみるとまた少しオープンしていて、大体6割くらいはお店がオープンしていました。
お客さんも以前ほどはもちろんいないんですけど、ぼちぼちいましたね。

安藤:私も実は昨日チャトゥチャックに行きました。5月の24日時点なんですけど、お店は8割くらいが開いていました。

今までチャトゥチャックは5割くらいは外国人の方で賑わっているイメージでしたが、やはり今こういう時期なので外国人の方がいらっしゃいませんでした。
タイ人の方だけでもそこそこいらっしゃっていて、チャトゥチャックがタイ人の方に愛されていることがわかりました。

タイの検温チェックの多さ


石井緊急事態宣言の緩和後も、検温チェックなどがかなり厳しく色々な場所でされていますよね。

特に、田中Dが言っていたんですけど……。
アソークの地下鉄の入り口に1回、改札でもう1回、会社に入るエムクオーティエの入り口でもう1回、会社の入り口でもう1回と、
会社に辿り着くまでに4回も検温があったりするくらい、今、色々なところで検温がされています。

検温は今も見ますか?

安藤:私もかなり検温されます(笑)
タイの場合ですと、ガン型検温機でピッと測ります。
近くの距離で検温される時もあれば、結構離れたところから検温される時もあります。

34度〜37度くらいまで、1日の中でも体温に差があったりするので、検温の精度というか意味があるのかどうか……。

逆に34度だと病院に行かないといけないと、熱を測りながら思うこともあります(笑)

石井:ちょっと機能が心配な部分はありますね(笑)

飲食店のソーシャルディスタンス

石井:ただ検温だけじゃなくて、タイでも色々なところでソーシャルディスタンスが保たれています。

実際にこの間、田中Dと大戸屋に行ったんですけど、なんと!全員別のテーブルでした。

安藤:今、エムクオーティエの地下も5月17日の緩和の時から、飲食店もオープンするようになりました。
日系のお店でいうと、ココイチやペッパーランチもオープンしています。

でも、ソーシャルディスタンスでかなり離れるようになっています。
せっかくお昼休みで2〜3人でご飯を食べに行っても、2mくらい離れた人に横並びで話さないといけないです。

石井:安全ではありますよね。

安藤:そうですね。

電車のソーシャルディスタンス

石井:実際に電車に乗られる方は分かると思うんですが、地下鉄ではソーシャルディスタンスを保つために長蛇の列が出来ています
それはそれでどうなのかな?という問題もあります。

安藤::そもそも、ソーシャルディスタンスで検温したり、入場を規制したりする前段階のところで人が詰まってしまって密集してしまいますね。
本末転倒なところも、確かに見受けられますね。

石井:タイらしいですね(笑)

安藤:はい。

QRコードでの顧客追跡システム


石井:エムクオーティエなどに入店する際に、QRコードでの登録が必要になったようですね。

安藤:そうですね。正確に言うとQRコードで「Thai Chana(タイチャナ)」というウェブサイトに入って、入場・退場することの登録が必要になります。

エムクオーティエのルールではなくて、人が集まりやすい場所でやっていることです。
なので、スーパーやオフィスビルも対象になっていて、入場するときと退場する時にウェブサイトで登録します。

退場する時には熱があるかどうかなど4〜5つの質問事項があって、そちらを登録するようになっています。

ただ、Thai Chanaのウェブサイトが英語対応していなくて全部タイ語なので、皆さん外国人の人は適当に答えるしかないようになっています。
なので、意味があるかどうかは分からないんですけど……。

安藤:1つ言えることはあるビルで感染者が出た場合などに、どのビルにいつ頃訪問したかが分かると、Thai Chanaを使ってその時にビルでいたであろう人たちに政府が検査をお願いしたり後追いができるシステムです。

ちゃんと使えばすごく意味のあるシステムかと思います。

石井:そうですね!
QRコードでの登録などは実際めんどくさいと思うんですが、エムクオーティエはオープンした初日にかなり混んでいたらしいですね。

安藤:そうですね。エムクオーティエの中にも紀伊国屋書店さんやスーパーが入っています。
QRコードも面倒くさいとはいえ登録も10秒くらいで済みます。
ステイホームで外出自粛の期間と比べると、外に出られるだけでも皆さん大分ストレスが軽減されるんじゃないかと思います。

タイの「withコロナ」

安藤:今、世の中では「withコロナ」でコロナと一緒に生活をしていかなければならなかったり、「アフターコロナ」でコロナの後にどうするかということが騒がれています。

今はまさにwithコロナの真っ只中なので、どういう風にコロナウイルスがある前提で生活を送るかという点が、タイでもかなり注目されています。

石井:完全なる解除はもう少し先になりそうですが、徐々に普通の生活が見えてきました!

実際にこれからはコロナが蔓延している中で、どのように暮らしていくかが課題になりますね。


スタジオの様子

今日の動画を見て、「いいね!」と思った方はいいねボタンを押してください!
これからも「タイの物件情報」をどんどんお知らせします!
質問があれば、コメントもいっぱいください!
チャンネル登録もよろしくお願いします!

==========================

タイ・バンコクにある最大手の日系不動会社 "Dear Life Corporation (ディアライフ)”の公式チャンネルです。
タイに駐在される方に向けて賃貸物件情報はもちろん、生活情報やエンタメをお届けいたします。

【タイ駐在チャンネル】チャンネル登録はこちらから!是非よろしくお願いします! ▶️http://www.youtube.com/channel/UCi6uZ...

◦タイ駐在の方必見!お部屋探し、不動産、賃貸情報はディアライフ
バンコク
▶️https://www.dlife.co.jp/ (HP)
シラチャ
▶️https://www.sr.dlife.co.jp/ (HP)
インスタグラム
▶️https://www.instagram.com/dear_life_bangkok/ (Instagram)

◦タイで注目の”ムエタイ+フィットネス”ジム【MIGAKU】
▶️https://dl-migaku.com/ (HP)
▶️https://www.instagram.com/dl_migaku/ (Instagram)

◦バンコクでお子様の習い事、ナンバー1のサッカースクール
セレッソ大阪サッカースクール・バンコク校
▶️https://dlhd-fc.com/

タイ駐在チャンネル
タイ駐在チャンネル

タイ・バンコクの不動産事情がよくわかる!
バンコクの日系不動産最大手ディアライフが物件を徹底取材!
動画でわかりやすくYouTubeでお伝えする「バンコク駐在チャンネル」

ディアライフとは?
バンコクの賃貸住宅、マンション、アパート、コンドミニアムをお探しならディアライフにおまかせ!バンコク最大級の不動産物件情報からお客様にピッタリのお部屋を探せます。
日本人スタッフ常駐、仲介手数料無料、下見も専用車で無料でご案内いたします。