TikTokマーケティング

TikTokマーケティング

『広報人事としての動画の立ち位置』

動画マーケティングは様々な活用方法がありますが、数あるSNSの中でもいま最も勢いがあるのがTikTokです。 SuneightではTikTokを採用活動に特化させたご提案をしています。

仕事選びを「見る」から始める

コロナ禍の影響で、採用選考のオンライン化が進むことで企業も求職者も「見極め」が難しくなってきています。
Suneightでは、求人票をただ動画にするだけのような硬いフォーマットの採用動画ではなく、貴社の雰囲気や従業員のリアルをTikTokを使い、潜在的な求職者の心に伝えることでミスマッチの軽減にも繋げていきます。



TikTokは2020年、世界で一番ダウンロードされたアプリ

Z世代はSNSでの情報収集が基本

Z世代はソーシャルネイティブな世代であり、物心ついたころからSNSが身近に あるため、SNSの使いに慣れています。何か調べたいことがあったらまずSNS。 サイトの情報よりもSNSの個人の声のほうが参考になると思っています。 SNSの検索方法に長けているので、欲しい情報が手に入りやすいところもあります。 今やZ世代にはTikTokは、YouTubeやInstagramに匹敵する影響力を持ちます。



数字で見るTikTok

アクティブユーザー数

月間950万人
※参照:2019年2月13日

年代別利用者比

10代:16.9% 20代:22.3%
30代:22.8% 40代:24.3%
50代:13.7%

利用者の男女比

男性:55.2%:女性44.8%
56.9%のユーザーが1日に1時間以上TikTokを見ている


企業がTikTokを活用するメリット

①世界観が作りやすい

広報人事としてブランディングは大きな課題の一つです。動画投稿を通じて会社の雰囲気を視覚的に伝えることは、文字によるアプローチよりも圧倒的に情報量が多く、求職者に会社のイメージを伝えやすいのが特徴です。


②参入企業がまだ少なく競合優位性が高い

競合他社がSNSマーケティングで活用するTwitterやInstagramと比較しても、TikTokを活用している企業はそこまで多くはありません。参入障壁が低く、競合他社が多くない市場は先行者利益も大きく、マーケティングとしてとても有利に働きます。


③採用目的に適したターゲットにリーチが可能

利用ユーザーの多くが10〜20代の若者であるにも関わらず、採用活動にTikTokを活用する企業はまだまだ少なく、今後もユーザー数が伸びていくことが予想されるTikTokは、いまのうちから運用をスタートすることで比較的容易に影響力のある自社メディアへと成長させることが可能です。



「TikTokで何をしたらいいかわからない」「戦略の立て方がわからない」
そんなお悩みがあれば、ぜひSuneightにご相談ください。