【タイ移住】入居前に退去事項を確認しないと大変な事に…!?-タイ駐在チャンネル-

:

今回のテーマは「物件の退去事項」について!
あなたは物件を探す時に「退去」の事まで考えていますか?
知らないと恐ろしい事になるかも!?

【出演者情報】

石井エリ(いしい えり)
1991年7月29日生まれ 埼玉とパタヤ出身
日タイハーフ 大学卒業後からタイに本格移住
趣味は海外旅行/美味しい物巡り/動物全般/語学
特技はなんでも楽しめるというマイペンライ精神を持つ。
▶️インスタグラム https://www.instagram.com/eri_thailife.141/ ▶️出演者ERIの仕事依頼は info@dlife.co.jp までお願いします。

安藤功一郎(あんどう こういちろう)
1981年8月10日生まれ 神奈川県出身
2006年 タイ/バンコクで旅行会社を起業、20億円規模に成長させM&A売却
2012年 東南アジアを中心に不動産事業を展開するDear Life Corporation(ディアライフ)を創業、タイでの住宅仲介件数は10,000件以上
現DLホールディングス株式会社 代表取締役CEO。

田中D(女性、B型)
元テレビ局員(番組制作16年、宣伝プロデュース7年)
AD,FD,AP,ディレクター、プロデューサー、キャスティング、宣伝プロデュースを経験。
タイが好き過ぎて転職を決意。2019年11月にタイに赴任し「テレビと同じクオリティの番組制作」をモットーに日々奮闘中


石井:今日は、契約前に知っておかないと絶対損する退去のことについて、安藤社長に伺いたいと思います!

石井:実際に退去の時に気をつけなきゃいけない事って何でしょうか?

安藤:そうですね。
退去の時に気をつける事もありますが、実は退去の前・物件の契約の時から退去の事って半分以上が決まっています。

石井:ええー!

安藤:実際に、どういった事に気をつけなければいけないというと……。

解約する時には、何日前に「解約をしますよ」という通知を出さなければいけないという事があります。

日本の物件でもそうなんですけど、簡単に言うといきなり「明日出ます!」って言うことができないです。
正確に言うとできなくはないんですが、賃貸物件の場合2ヶ月分の敷金、タイではデボジットを大谷さんに預けている状況になります。
そのデポジットの返金がなくなってしまいます。

安藤:それは、通知期限を守らなかったペナルティでデポジットを没収されてしまうので、通知期限を守る必要があります。

安藤:その通知期限は物件次第なんですが、一般的に30〜90日という設定がされています。
自分の物件が何日前に申し入れたら解約できるのか、通知期限をしっかり見ておかないといけません。

ご自身の転勤などの都合で「流石に3ヶ月前に退去の通知をすることはうちの会社は事例的に無理だな。結構急に異動することあるし」といった方は、
そもそもそこの物件が気に入ったとしても、90日前に通知をしなきゃいけないような物件は借りるべきではないという形になります。

安藤:この番組をご視聴の皆様は、ぜひ退去のことも頭に入れながら契約をするところからしっかり選んでいただければ、トラブルが少ないと思っております。

石井:他にも注意しなければいけない事はありますか?

安藤:やっぱり退去の時って、日本でもよくあるトラブルとして「原状回復費用」を取られる事が多々あります。

これはタイでも同じです。

安藤:原状回復費用はオーナーさんによって考え方が様々で、「経年劣化」という概念はとても難しいです。

「普通に綺麗に使ってました」といっても、やっぱりちょっとした傷が付いてしまうじゃないですか?
それをオーナーさんの方で、どこまで許容してくれるかというのはかなり変わってきます。

それによって退去する時にかかるお金が変わります。

石井:修繕費って事ですよね?

安藤:そうです。

安藤:過去に弊社(ディアライフ)であった例で言いますと、あくまで請求ベースですが修繕費用が1,200,000バーツ(約416万円)という請求が来たというお客様もいらっしゃいます。

石井:ええ?!何しちゃったんですかね?!

安藤:確かにお部屋の使い方が悪かったという事も一つあるんですが、ただそれだけではなくて、オーナーさん側の不当請求と言いますか……。

これは本当にトラブルとして一番最悪のケースですけど、そういった事もあります。

部屋を綺麗に使うことは大前提ですが、それ以外に良いオーナーさんの物件、良心的・常識的なオーナーさんの物件に入居する事が1番重要になります!

石井:なるほど。

安藤:それで言うと、やっぱり個人のオーナーさんが所有しているコンドミニアムって、個人なので個人差がものすごく出ます。

良いオーナーさんもいれば、悪いオーナーさんもいる。

サービスアパート・アパートに関しては1棟1オーナーさんの物件なので、悪いオーナーさんはディアライフでも把握しており、そういった物件はご紹介ないです。

安藤:正直なところ、バンコクで1棟1オーナーさんが経営しているサービスアパート・アパートに関しては、普通に綺麗に使っているケースでしたら賃料の10%を取られることはまず無いです。

それを超えてしまうケースってどういったケースかと言うと、明らかに「重過失」という自分で認識がある場合です。

例えばERIちゃんみたいに、夜に酔っ払ってワインを飲んでワインをこぼして絨毯に赤い染みが付いているとか(笑)

石井:(笑)

安藤:あとはバンコクのお部屋は広いので、室内でゴルフの素振りをされる方もいます。素振りで誤って天井や壁に穴が空いてしまうといったケースですね。

重過失というのは、そうした「それは取られるよね」って納得できるケースです。

そうじゃなくて皆さんが1番心配で嫌なのが「ちゃんと綺麗に使ったのに、なんでこんなに取られるの?」って事だと思います。

そこに関しては賃料の10%を超えることはありません。

安藤賃料の10%というところには、クリーニング費用も含まれています。
日本だと2〜3万円通常かかるのが、その範囲内に収まってしまいます。

そのため、退去の事まで考えたらコンドミニアムではなくて、サービスアパート・アパートに入居した方が良いです!

我々ディアライフは今、バンコクで1万物件以上仲介していますが、アパート・サービスアパートで退去の際に揉めるケースは無いです。
皆無です!

絶対にしっかり落とし所はありますし、お客様にはご納得いただけます。

ただ先ほどの120万バーツのケースではないですが、
退去の修理代が高額に取られるのはコンドミニアムだけです。

石井:今日のポイントは……。

・通知期限に気をつける事

・退去の時になるべくお金をかけたくない方は、サービスアパート・アパートに入居する事

あとはとにかく、綺麗に使いましょう!
私も気をつけます!

石井:ありがとうございました!

安藤:ありがとうございました。

石井:ここはタイ!
駐在員が一番利用している不動産会社、ディアライフ!


タイ・バンコクにある最大手の日系不動会社 "Dear Life Corporation (ディアライフ)”の公式チャンネルです。
タイに駐在される方に向けて賃貸物件情報はもちろん、生活情報やエンタメをお届けいたします。

【タイ駐在チャンネル】チャンネル登録はこちらから!是非よろしくお願いします!
▶️http://www.youtube.com/channel/UCi6uZ...

タイ駐在の方必見!お部屋探し、不動産、賃貸情報はディアライフ
バンコク
▶️https://www.dlife.co.jp/ (HP)
シラチャ
▶️https://www.sr.dlife.co.jp/ (HP)
インスタグラム
▶️https://www.instagram.com/dear_life_bangkok/ (Instagram)

タイで注目の”ムエタイ+フィットネス”ジム【MIGAKU】
▶️https://dl-migaku.com/ (HP)
▶️https://www.instagram.com/dl_migaku/ (Instagram)

バンコクでお子様の習い事、ナンバー1のサッカースクール
セレッソ大阪サッカースクール・バンコク校

▶️https://dlhd-fc.com/

タイ駐在チャンネル
タイ駐在チャンネル

タイ・バンコクの不動産事情がよくわかる!
バンコクの日系不動産最大手ディアライフが物件を徹底取材!
動画でわかりやすくYouTubeでお伝えする「タイ駐在チャンネル」

ディアライフとは?
バンコクの賃貸住宅、マンション、アパート、コンドミニアムをお探しならディアライフにおまかせ!バンコク最大級の不動産物件情報からお客様にピッタリのお部屋を探せます。
日本人スタッフ常駐、仲介手数料無料、下見も専用車で無料でご案内いたします。