【YouTube】登録者数が伸びる動画の投稿本数は?100本投稿はした方がいい?

:

ブログや、SNSでYouTubeは動画を100本投稿してからスタートだ!と書かれているのを見たことありませんか?

確かに、投稿本数は大事ですが、たくさん投稿すれば必ずチャンネルが伸びるというわけではありません。

今回は、YouTubeを初めてまもない方、これから始めようとしている方に向けて、必要な投稿本数について解説します!

【YouTube】登録者数が伸びる動画の投稿本数は?100本投稿はウソ?ホント?

チャンスの数が増えていく

ここまで、なぜ投稿本数が大事なのか説明しました。

ここからは、どうやってクオリティの動画を作るのか具体的に解説します。

自分がやりたいことを投稿するのはダメなの?

無計画でYouTubeを始めてしまうと、自分が投稿したい動画に偏ってしまいます。


例えば、見ず知らずの人の「カレーを食べてみた!」という動画があっても、興味を持ってクリックをしないですよね。

知名度の高い芸能人であれば、すでにファンがいるので動画を視聴してくれる可能性が高いですが、多くの人は0からファンを作って行かなければなりません。

どういう視聴者に動画を見てもらいたいか、ターゲットをイメージして、そのターゲットが求める情報をリサーチした上で動画を投稿しましょう!

投稿した動画と視聴者の需要がバチっとハマれば、100本作より少ない本数でも伸びていく可能性があります。

視聴者の需要を掴むことが、チャンネルが成長する近道になるでしょう。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」です!

【YouTubeチャンネル】登録者数を増やしてくれる動画の特徴は?

投稿本数の目安

YouTube始めた頃は、クオリティの高い動画を作るための練習として100本がいいとか、でもクオリティが高ければ100本も作らなくていいとか、結局何本必要なんだよ〜!と思われた方、ここからは実際に何本を目安に作って行けば良いのか、具体的に解説しますね。

投稿者のフェーズによって意識すること、やることが変わりますので、ご自身の状況に合わせて参考にしてください。

最初は30本を目指そう!

YouTube初心者の方は、まず、目安として30本投稿を目指しましょう!

もちろん、本数が目的ではなくて、クオリティの高い動画を作ることが目的です。

1本1本視聴者ファーストで真剣に考えて投稿しましょう!

大体の方は、30本も動画を作れば、動画の良いところ悪いところ、何が視聴者からウケているのか、サムネイルのクリック率、動画のテンポ感の改善点などデータが蓄積するので、視聴者を満足させられる動画の作り方のコツが見えてくるでしょう。

心身ともにきついな!と感じるかもしれませんが、ご自身も楽しみながら動画・チャンネルの成長のために粘り強く投稿を続けましょう!

次は50本を目指そう!

もうそのくらいの本数は投稿しているよ!というYouTube中級者の方、次のフェーズとして50本を目指しましょう。

このくらいの本数になると、検索や関連動画に表示されやすくなるので、二桁だった再生数が三桁四桁と増えるでしょう。

多くの方に視聴されるようになるので、視聴者を飽きさせないように新しい企画をやろうとか、コメント数を増やすにはどうしようなど、新たな改善点が見つかるでしょう。

このフェーズでは、視聴者の反応を見ながら、コツコツ改善していきましょう。

動画投稿で大切なこと

何度もお伝えしてきましたが、動画投稿で大切なことは、どうしたら視聴者が満足できる動画ができるか1本1本真剣に考え投稿していくことです。

同じジャンルで伸びている動画・チャンネルがあれば、伸びている理由、視聴者の属性、自分ならどこを改善できるかリサーチして投稿しましょう。

これからYouTubeを始める人や、すでに頑張っているけど結果が出ないという方は、この記事を読んでぜひ実践して見てくださいね!

まとめ

今回は、YouTubeの投稿本数の大切さ、実際に何本投稿すれば良いかについて、解説しました。

YouTubeを始めたばかりの方、これから始めようとしている方は、まず30本を目安に投稿してみましょう。

企画の考え方については、下記記事をご参考ください。


関連記事:YouTubeは企画で伸びる!すぐ使えるテクニックを紹介

「動画のチカラ」はYouTube運営に関するお悩みをズバリ解決するメディアです。

アバター
suneight