【タイ現地取材】コロナで仕事はどうなった?街の様子と地元の人に緊急インタビュー

:

非常事態宣告が出た タイ・バンコクの新型コロナウイルス事情...
「カオサン通り」「パーククローン花市場」「ラチャダー鉄道市場」の今を徹底取材。
地元の人の生の声を聞いてきました。
(3/30収録情報、2020/04/10投稿)

【出演者情報】

石井エリ(いしい えり)
1991年7月29日生まれ 埼玉とパタヤ出身
日タイハーフ 大学卒業後からタイに本格移住
趣味は海外旅行/美味しい物巡り/動物全般/語学
特技はなんでも楽しめるというマイペンライ精神を持つ。
▶️インスタグラム https://www.instagram.com/eri_thailife.141/

安藤功一郎(あんどう こういちろう)
1981年8月10日生まれ 神奈川県出身
2006年 タイ/バンコクで旅行会社を起業、20億円規模に成長させM&A売却
2012年 東南アジアを中心に不動産事業を展開するDear Life Corporation(ディアライフ)を創業、タイでの住宅仲介件数は10,000件以上
現DLホールディングス株式会社 代表取締役CEO。

田中D(女性、B型)
元テレビ局員(番組制作16年、宣伝プロデュース7年)
AD,FD,AP,ディレクター、プロデューサー、キャスティング、宣伝プロデュースを経験。
タイが好き過ぎて転職を決意。2019年11月にタイに赴任し「テレビと同じクオリティの番組制作」をモットーに日々奮闘中 


石井:タイ政府の3/22〜4/30まで新型コロナウイルスの予防措置のため、
バンコク内では人々が集まる施設が閉鎖されました。

タイ各地でも、様々な措置が行われています。

今回は観光地がどうなっているか、取材に行きました!

タイのコロナ事情 in カオサン通り

バンコクの「カオサン通り」に来ています。

カオサン通りというのは、昼間もバックパッカーの方でかなり集まっていて、
夜はかなり人が多く、クラブ状態になるような明るい場所なんです。

カオサン通り:
アジアを旅するバックパッカーの拠点として、
世界的にも知られるバンコクの路地
夜になると道全体がクラブのような盛り上がりが!
西洋人以外に地元の若者もよく遊びに来ています

カオサン通りの普段の様子

普段の様子はこちらです。

映像からも盛り上がっている様子がわかります。
なのに今は……

カオサン通り

普段はかなり人が行き交っているんですけれども、こんな状態で
これを機に工事も始めています。

みてください!あの看板、見えますか?

カオサン通りの看板

「カオサンは世界の平和を祈っております」と書いてあります!
こんなに人がいなくなることがあるんですね。

お土産やさんもお客さんが激減

お店の人にインタビューしてみました!

「最近人は少ないですか?」
『少ないね、とっても少ない!』

今、お客さんがほんっとうに人が少ないそうです!

「でもお店を開けているんですか?
人がいるんですか?西洋人とかもいる?」
『あんまりいないよね…』

カオサン通りインタビューの様子

『どこに行けばいいのやら。
家にいてもやる事ないし、お店に出てきてるの』

お客さんが来ないとわかっていても
家にいても仕方がないからお店に来ている

TUKTUKの売り上げは…全くダメ

TUKTUK(交通機関)の方にも聞いてみました。

カオサン通りインタビューの様子

「最近の売り上げはいいですか?」
『最悪。景気が悪いです。』

売り上げは全くダメとのことです。

「外国人はまだいますか?」
『外国人の人がかなり多い場所なんですけど、みんなどっか行っちゃったよ』とのことです。

外国人の多い場所だったが、みんなどっかへ行ってしまった

「タイの政府についてどう思いますか?
良い?コロナの件で」
『ちょっと対策を出すのが遅かったんじゃないかな』
と、TUKTUKの運転手さんの意見ですね。

コロナ対策を出すのが遅かったと感じている

カオサン通りのインタビュー
カオサン通りのインタビュー

『また会いましょう〜またね〜(日本語で)』
「スースー!(頑張りましょう)」
『スースー!……宮迫』

ん?

宮迫?

宮迫さんにもエールを送る、明るいお兄さんでした。
(取材協力ありがとうございました!!)

タイのコロナ事情 in パーククローン花市場

パーククローン花市場

「パーククローン花市場」に来ています。

ここはですね、花が卸売で売られていて、街で売られている価格より安く買うことができます。

お花好きの方にはかなり人気で、最近では観光客の方でも女性に人気です。

パーククローン花市場:
川沿いにあるタイ最大の生花市
市場の中には野菜や果物を売る店舗も点在している

至る所でお花が売っています。
ただ、観光客の方が一切見当たらないですね。

パーククローン花市場

あちらから中に入ると市場が始まっているんですが、
普段は見たことのないビニールハウスみたいなものがついたものを見つけました!
何だろうこれ?

市場に出入りするには、このビニールハウスの中を通るみたいなんです。

じゃあ入ってみます!
霧が降ってるんですが、何なんでしょう?

パーククローン花市場のビニールゲート

15秒ここに立っていてくださいと書いてあります。
消毒のようです。

「これって何ですか?」
『消毒する場所だよ!』

やっぱり、消毒スプレーのようですね。

パーククローン花市場

実際にこちらが花市場になります。
かなり普通にオープンしています。

このまま見てみましょう!

パーククローン花市場

普段は観光客も結構います。
ただ、タイ人の方もかなり多い市場なので、オープンしてるのかな?という感じです。

観光客は全くいないが
タイ人が供え用の花飾りを買いに来ている

パーククローン花市場の手洗い場

こちらは以前はなかったような気がします。
ハンドウォッシュポイント!
花市場の中にも、手洗場ができています。

花市場の中に今までなかった手洗い場が
感染予防のために設置されている

このまま周りを見ていきましょう。
みんなマスクをしていますね。

「最近の売り上げはどうですか?」と聞いたら
『一応オープンできるけど、全然売り上げは少ない。
普段は外国人の人が観光で来ているけど、ここ数日・数ヶ月は外国人の方も見なくなった』と言っています。

花市場の方にインタビュー:
お店はオープン出来るが売り上げは減少

タイのコロナ事情 in ラチャダー鉄道市場

ラチャダー鉄道市場

今、「ラチャーダ・ロット・ファイ・ナイトマーケット」に来ています。
ここはですね、実際はカラフルな屋根がフォトジェニックで有名な場所なんです。

普段の様子↓

ラチャダー鉄道市場

ラチャダー鉄道市場(タラート・ロット・ファイ・ラチャダー)
約1000軒の雑貨屋アンティーク・ファッション、フード屋台まで揃い、
観光客や地元の若者達にも人気の場所

現在は午前中ではありますが、全ての屋台が撤去されました!
見てみてください!

ラチャダー鉄道市場の現在

普段は午前中でも屋台はそのまま置いてあるんですが、全てが撤去されています。

私の友人のナイトマーケットにお店を持っている方の情報によると、
今はコロナ対策のために、完全に屋台を撤去して消毒作業をしているそうです。

常にたくさんの観光客で賑わっている場所で、
大きな打撃があると思います。

以上、タイ・バンコクからお伝えしました!

ディアライフよりメッセージ

ご視聴ありがとうございました。

1日も早くこの事態が終息し
平穏な生活を取り戻せますように。
ディアライフ


スタジオの様子

今日の動画を見て、「いいね!」と思った方はいいねボタンを押してください!
これからも「タイの物件情報」をどんどんお知らせします!
質問があれば、コメントもいっぱいください!
チャンネル登録もよろしくお願いします!

==========================

タイ・バンコクにある最大手の日系不動会社 "Dear Life Corporation (ディアライフ)”の公式チャンネルです。
タイに駐在される方に向けて賃貸物件情報はもちろん、生活情報やエンタメをお届けいたします。

【タイ駐在チャンネル】チャンネル登録はこちらから!是非よろしくお願いします! ▶️http://www.youtube.com/channel/UCi6uZ...

◦タイ駐在の方必見!お部屋探し、不動産、賃貸情報はディアライフ
バンコク
▶️https://www.dlife.co.jp/ (HP)
シラチャ
▶️https://www.sr.dlife.co.jp/ (HP)
インスタグラム
▶️https://www.instagram.com/dear_life_bangkok/ (Instagram)

◦タイで注目の”ムエタイ+フィットネス”ジム【MIGAKU】
▶️https://dl-migaku.com/ (HP)
▶️https://www.instagram.com/dl_migaku/ (Instagram)

◦バンコクでお子様の習い事、ナンバー1のサッカースクール
セレッソ大阪サッカースクール・バンコク校
▶️https://dlhd-fc.com/

タイ駐在チャンネル
タイ駐在チャンネル

タイ・バンコクの不動産事情がよくわかる!
バンコクの日系不動産最大手ディアライフが物件を徹底取材!
動画でわかりやすくYouTubeでお伝えする「バンコク駐在チャンネル」

ディアライフとは?
バンコクの賃貸住宅、マンション、アパート、コンドミニアムをお探しならディアライフにおまかせ!バンコク最大級の不動産物件情報からお客様にピッタリのお部屋を探せます。
日本人スタッフ常駐、仲介手数料無料、下見も専用車で無料でご案内いたします。