複雑なYouTube広告の違いは、これ見れば解決!!

:

皆さんはYouTubeの動画広告を視聴したことはありますか?
YouTube広告は商品の認知獲得から購入促進までカバーできます。

実は、ひとくちにYouTube広告と言ってもいろいろな種類があり配信できる方法も異なります。
それぞれの特徴を知り、使い分けることで広告効果を最大限に高めます。
今回は動画広告について種類別に解説していきます。


TrueView広告

TrueView広告はGoogle Adwordsで配信する動画広告キャンペーンです。
様々なフォーマットがあり、ターゲティングの幅が広がるのが特徴です。

インストリーム広告

インストリーム広告イメージ

YouTube動画の前後や中盤、Google動画パートナー上のウェブサイトやアプリに表示される広告をインストリーム広告と言います。(画像紫部分で配信)
お馴染みの5秒でスキップできる広告と、スキップ不可の15秒以内で流れる広告の2つがあります。

①スキップ可能なTrueViewインストリーム広告
スキップされなかった場合は視聴者に長く動画を見せることが出来るため、商品やブランドを深く訴求できます。
しかし、視聴者はスキップボタンに集中しており広告を見ていないことも多いので広告を見てもらうためには続きが気になる様に最初の5秒に工夫が必要です。

課金方式:CPV (動画が1回再生されるごとに課金)
動画の長さ:最長6分


スキップ可能なTrueViewインストリーム広告を出す手順

① Google広告にログインし、新しいキャンペーンを作成する。

② キャンペーンで達成したい目標は「商品やブランドの比較検討」もしくは「ブランド認知度とリーチ」を選択。

③ キャンペーンタイプは「動画」、キャンペーンのサブタイプは「スキップ可能なインストリーム」を選択し続行をクリック。

④ 全般設定でキャンペーン名や入札戦略、予算と日程等を全て埋める。

⑤ 最後に、あらかじめYouTubeに公開もしくは限定公開しておいた動画のURLを動画広告の制作で選択し、「キャンペーンを制作」をクリックすれば完成。


②スキップ不可のTrueViewインストリーム広告
スキップが出来ないため視聴者は15秒間広告を強制的に見なければいけないため、内容によっては視聴者に不快感を与える可能性があります。

課金方式:CPM (広告が1,000回表示されるごとに課金)
動画の長さ:最長15秒


スキップ可能なTrueViewインストリーム広告を出す手順

① Google広告にログインし、新しいキャンペーンを作成する。

② キャンペーンで達成したい目標は「商品やブランドの比較検討」もしくは「ブランド認知度とリーチ」を選択。

③ キャンペーンタイプは「動画」、キャンペーンのサブタイプは「スキップ不可のインストリーム」を選択し続行をクリック。

④ 全般設定でキャンペーン名や入札戦略、予算と日程等を全て埋める。

⑤ 最後に、あらかじめYouTubeに公開もしくは限定公開しておいた動画のURLを動画広告の制作で選択し、「キャンペーンを制作」をクリックすれば完成。


ディスカバリー広告

ディスカバリー広告イメージ

YouTubeの検索結果、関連動画の横やモバイル版YouTubeのTOPに表示される広告をディスカバリー広告と言います(画像黄色部分で配信)

この広告は、動画のサムネイル画像とテキストで構成されています。
広告のサイズや表示形式は表示先によって異なりますが、ユーザーがクリックすることで再生される点は共通です。
TrueViewディスカバリー広告は、【広告】と黄色いマークが書かれ、ひと目で広告とわかります。 視聴者は自発的にサムネイルをクリックして広告を踏むため、動画の商品やサービスに関心を持った確度の高いケースが多く、コンバージョン繋がりやすい傾向にあります。

動画はYouTubeの動画再生ページ、またはチャンネルページで再生されます。

課金形式:CPC(クリックされるごとに課金)
動画の長さ:任意


TrueViewディスカバリー広告を出す手順

① Google広告にログインし、新しいキャンペーンを作成する。

② キャンペーンで達成したい目標は「商品やブランドの比較検討」を選択。

③ キャンペーンタイプは「動画」、キャンペーンのサブタイプは「検討段階で働きかける」を選択し続行をクリック。

④ 全般設定でキャンペーン名や入札戦略、予算と日程等を全て埋める。

⑤ 最後に、あらかじめYouTubeに公開もしくは限定公開しておいた動画のURLを動画広告の制作で選択し、「キャンペーンを制作」をクリックすれば完成。


アクション広告

TrueViewアクション広告は、スキップ可能なインストリーム広告と表示形式は同じで、動画の再生前後や途中に再生されます。

TrueViewアクション広告が他のTrueView広告と異なる点は、視聴者の行動を促すために 【Call To Action】 というボタンが動画に重なる形で置かれることです。

例えば 「ダウンロードはコチラ」 や 「詳しくはこちら」 のようなボタンが表示され、視聴者に行動促進をさせたり、見込み顧客の獲得に適しています。

課金形式:CPA(設定したコンバージョンが達成されるごとに課金)
動画の長さ:任意


TrueViewアクション広告を出す手順

① Google広告にログインし、新しいキャンペーンを作成する。

② キャンペーンで達成したい目標は「販売促進」「見込み顧客の獲得」「ウェブサイトのトラフィック」を選択。

③ キャンペーンタイプは「動画」、キャンペーンのサブタイプは「コンバージョンの促進」が自動的に選択されます。続行をクリック。

④ 全般設定でキャンペーン名や入札戦略、予算と日程等を全て埋める。

⑤ 最後に、あらかじめYouTubeに公開もしくは限定公開しておいた動画のURLを動画広告の制作で選択し、「キャンペーンを制作」をクリックすれば完成。


バンパー広告

バンパー広告イメージ

バンパー広告はTrueView広告と同じく、Google Adwords内で配信される動画広告キャンペーンです。(画像紫部分で配信)

動画の前後や途中に再生される6秒のスキップできない広告です。
スキップできないため、ユーザーに最後まで動画を見てもらえます。
短い時間で幅広い視聴者にリーチしたいときに有効な動画広告です。

動画の長さが6秒と短いため、情報を多く詰め込むのではなく
メッセージをひとつに絞った動画がおすすめです。
動画が最後まで再生されるため、認知度を上げやすく、商品のオーガニック検索を増やすためのブランディングにも適しています。

CPM (広告が1,000回表示されるごとに課金)
動画の長さ:最長6秒


TrueViewバンパー広告を出す手順

① Google広告にログインし、新しいキャンペーンを作成する。

② キャンペーンで達成したい目標は「ブランド認知度とリーチ」を選択。

③ キャンペーンタイプは「動画」、キャンペーンのサブタイプは「バンパー」を選択し続行をクリック。

④ 全般設定でキャンペーン名や入札戦略、予算と日程等を全て埋める。(動画広告フォーマットという項目では、「バンパー広告」を選択します。)

⑤ 最後に、あらかじめYouTubeに公開もしくは限定公開しておいた動画のURLを動画広告の制作で選択し、「キャンペーンを制作」をクリックすれば完成。


インストリーム広告のスキップ不可のフォーマットとの違い

ユーザーが広告に集中しやすい
TrueViewノンスキッパブル広告と異なり、バンパー広告は元からスキップできないので、スキップボタンが表示されません。
つまり、スキップボタンに気が散らされることもなく、視聴時間も6秒と短いのでユーザーの集中を集めることができ、印象に残しやすくなります。

マストヘッド広告

マストヘッド広告イメージ

マストヘッド広告はGoogle広告から設定することはできず、Googleの営業担当者を通じて予約ベースでのみ利用できる広告です。

視聴者の視界に入りやすいため、新しい製品サービスの認知度を高めたい場合や、短期間で大規模なオーディエンスにリーチしたい場合(販売イベントなど)のプロモーションに使用します。

マストヘッド広告のフォーマット

YouTubeホームフィードの上部で最大 30 秒間音声なしで自動再生される広告を、マストヘッド広告と言います。

動画またはサムネイルをクリックすると、その動画の YouTube 再生ページに移動します。

出典:

動画広告フォーマットの概要

YouTubeの効果的な運用のために

Google  Analyticsイメージ

Google社が提供する、Google Analyticsを使って、これからの見込み客への確実なリーチが可能です。

Google Analyticsでユーザーの行動を可視化することで、広告自体の問題点を浮き彫りにできます。また、ユーザーの行動を基にターゲティングして、確実にエンゲージメントに繋げます。

まとめ

今回はYouTube動画広告の種類や、効果的な運用に向けた施策や設定方法をご紹介していきました。YouTube業界は今後ますます盛り上がり、広告のスタンダードになることは間違いなしです。

YouTubeに広告を出して、大きな成果を得ている企業も少なくありません。
貴社もこの大きな波に乗り遅れないよう、YouTubeに広告を出してはいかがでしょうか?

Ryk
Ryk

Suneight新事業部の一員として動画広告に没頭する現役女子大生。

真面目そうな外見とは裏腹に、高校でのあだ名は「女帝」だったとか…。