ぎっくり腰が1日で?!心身健康倶楽部#28

:

枝光:

心身健康倶楽部代表の枝光です。

柴田:

心身健康倶楽部新宿御苑店の店長の柴田です。

枝光:

今回はぎっくり腰について話していきたいと思います。

柴田:
私はトレーニングのやりすぎで2回ほどやらかしていしまった経験があります。

枝光:

その時はどうやって治しましたか?

柴田:

まず安静ですよね。
その3日間はもう
地面を這うような感じの生活しかできなかったです。

枝光:
病院は行きましたか?

柴田:

病院には行かなかったんですよ。
トイレも行けないような状態だったのでとりあえず家で耐えていました。

枝光:

実は先週の月曜日に私もぎっくり腰になったんですよ。
それが火曜日には治ってしまったんですよ。笑

私はその時このぎっくり腰はチャンスだと思って、自分の体で色々な検証をしてみました。

まずはゆっくり7時間ぐらい寝てみたんですよ。

そしたら余計に腰が動かなくなってしまいました。

次は1時間座った体勢をキープしてみました。

そうするとそこから立つのがものすごく大変でした。

何が一番良かったかといいますと、3段階かけて足をストレッチしていくことです。
まずは10センチぐらいのところに足を上げて、2〜3分経ったら次はそのもう少し上に足をあげるというようなストレッチをすると少し痛みが和らいできます。
これを両足したら次は腰のストレッチです。

腰をストレッチするには座った状態で体を前に倒します。
その次に体を元の座った状態に直し、今度は少しだけ前に倒します。
これをすることによって足と腰が動くようになり、立ち上がれるようになります。

立ち上がることができたら、かかとだけを上げる足踏みをしましょう。
それもできたら今度は足をちょっとだけ持ち上げる足踏みをするというように段階を分けて足と腰をストレッチしていくことが重要です。

このように体を慣らして、筋肉全体の血流を下げないことが大切です。
安静にして寝ているだけは逆効果なんです!
このように調子が悪い状態を長く続けてしまうことで余計に体が動かなくなってしまいます。

腰に不安のある人は今のエクササイズが効くと思いますので試してみてください。

心身健康倶楽部ではこのようなアドバイスを色々とさせてもらっています。

今回はありがとうございました。

柴田:

ありがとうございました。
心身健康チャンネル
心身健康チャンネル

心身健康倶楽部は、元気な中高齢者が日本中に溢れ、笑顔と笑いの絶えない社会づくりの一助となるために、筋力トレーニングにより、中高齢者の体力不足、筋力不足を解消し「全ての中高齢者が健康で現役生命を延長し、生涯自分の足で歩き、健康で自立した生活が送れる」ようにすることをサポートします