夏の体調不良【第1位】胃腸など内臓系の不調 心身健康倶楽部#62

:


こんにちは。
心身健康倶楽部代表の枝光です。

夏の体調不良について第3位、第2位とご紹介させていただきましたが、今回は第1位の紹介です。

第1位は胃腸など内臓系の不調です。

夏の時期は内臓系の不調を訴える人が多い時期です。

多くのお客様の話を聞くと、夏バテしないようにと高カロリーなものを食べているケースが多いんですね。
しかし夏の時期は活動代謝は上がっていますが、内蔵代謝は落ちてしまっています。
ですので夏は高カロリーなものより消化の良いものを食べたほうがいいです。

タンパク質もしっかり取ってもらいながら過剰な脂質や糖質など消化器系に負担のかかるものはあまり摂取しないほうがいいです。
夏は特に低カロリー高タンパクという食事がおすすめです。

夜寝る前はあまりこってりしたものを食べないようにしてください。
人は夜に消化器系を整えますので消化器系にエネルギーを使わないことで夜の間は筋肉の回復にエネルギーを使うことができます。

お酒をよく飲む人こそ消化の良いものを食べるということを意識してください。

この話を聞いて夏の食べ物について考えていただければ嬉しいです。

心身健康チャンネル
心身健康チャンネル

心身健康倶楽部は、元気な中高齢者が日本中に溢れ、笑顔と笑いの絶えない社会づくりの一助となるために、筋力トレーニングにより、中高齢者の体力不足、筋力不足を解消し「全ての中高齢者が健康で現役生命を延長し、生涯自分の足で歩き、健康で自立した生活が送れる」ようにすることをサポートします