【ラグビーワールドカップ】ラグビーに大事なのは”お尻”の筋肉!!お尻を鍛えて憧れのラガーマンに! 心身健康倶楽部 #79

:


こんにちは。
心身健康倶楽部代表の枝光です。

今回はラグビーの話をしたいと思います。

W杯盛り上がりましたね。
実は私全くラグビーに詳しくありません。
それでもラガーシャツを買ってしまいました。笑

これはニュージーランド代表の「オールブラックス」の話なんですが、選手同士は常にアイコンタクトを取っているそうです。
このようなアイコンタクトをする上で仲間同士が信頼関係を築いているんですね。

その他に仲間と過ごすだけではなく仲間の家族とも時間を過ごすことで信頼関係を築いていたそうです。

ラグビーの試合のタックルというのはする方もされる方も怖いと思いますが、そこの駆け引きが高度なテクニックを要するスポーツであると改めて感じました。

こうやって色々とラグビー選手を見ているとやっぱりラグビー選手に必要なのは「お尻」であると思います。
走る、タックルする、そのタックルに耐えるためにはお尻の筋肉が必要なんですよね。

お尻の筋肉というのは高齢者の方の日常動作にも重要になってきます。

お尻の筋肉の重要性を改めて実感するラグビーW杯でした。

ありがとうございました。

心身健康チャンネル
心身健康チャンネル

心身健康倶楽部は、元気な中高齢者が日本中に溢れ、笑顔と笑いの絶えない社会づくりの一助となるために、筋力トレーニングにより、中高齢者の体力不足、筋力不足を解消し「全ての中高齢者が健康で現役生命を延長し、生涯自分の足で歩き、健康で自立した生活が送れる」ようにすることをサポートします