【中高年必見】腹筋運動をしても腹筋はつかない!運動ではなく筋トレをするべし!

:


こんにちは。
心身健康倶楽部代表の枝光です。

今回は前回に引き続き、腹筋運動と腹筋筋トレの違いについて話したいと思います。

腹筋の動作をすると腰や首を痛めてしまう人って結構多いんですね。
これは腹筋の種目をこなそうとしすぎて自分にあってないことをしているので、
本来腹筋にかかるはずの負荷が他の部位に逃げてしまっています。

このようにいろいろな筋肉を複合的に使う場合、
メインで使う筋肉がどこなのかが重要になってきます。
人によって動かしやすい筋肉は違うため、
その動かしやすい部分に多くの負荷がかかることになるんですね。

運動というのはその種目をこなすことであり、
筋トレというのはそこで使う筋肉を鍛えることが目的です。
なので筋肉を鍛える筋トレと運動というのは別物なんです!

腹筋を鍛えたい方は腹筋運動ではなく、腹筋筋トレをしましょう!

心身健康チャンネル
心身健康チャンネル

心身健康倶楽部は、元気な中高齢者が日本中に溢れ、笑顔と笑いの絶えない社会づくりの一助となるために、筋力トレーニングにより、中高齢者の体力不足、筋力不足を解消し「全ての中高齢者が健康で現役生命を延長し、生涯自分の足で歩き、健康で自立した生活が送れる」ようにすることをサポートします