【中高年必見】自宅でできるエクササイズ!「テレビ東京 なないろ日和!」でも紹介しました!

:


こんにちは。
心身健康倶楽部代表の枝光です。

3月5日にテレビ東京「なないろ日和!」にまた出演させていただきました。
そこで「自宅で出来るシニアの筋トレ、どうする?」という内容で話をしたので、
その話を詳しくしていきたいと思います。

このとき紹介した1種目目が「ぐるぐる膝回し」で、
2種目目が「内ももシーソー」です。

ぐるぐる膝回し

これは股関節の運動になります。

股関節のこの運動は日常死活で普段使わないような筋肉を刺激していますので
股関節が動くうちからこのトレーニングを行い、
股関節の可動域を広げることが大事です。

このトレーニングは血流も改善することができますので
筋肉をつけて疾患にならないように運動しましょう。

まず右足を軸にして軽く左足を持ち上げます。

この空中に少し脚が浮いた状態から膝が円を描くように左足を外側に回転させてください。

ゆっくりと股関節を動かすようにしましょう。

椅子を持たなくても股関節を回せる方は椅子を持たなくても構いません。

左右バランス良く行ってください。

内ももシーソー

太ももの内側の「内側広筋」というのは外側の「外側広筋」と比べて
高齢になっていくと衰えていきます。

この内側広筋を鍛えると足幅が広く、スムーズになったり、
歩くスピードが早くなったりします。

まずは腕を組んで右足を椅子の前に置き、つま先を少し外側に向けた状態で脚を広めに開きます。

そして右側にしゃがんでいき、お尻が椅子に軽く触れるぐらいまでゆっくりと腰をおろしてください。
その後、右足を使って元の体勢に戻リます。

元の体勢に戻るときに右足親指の内側を意識すると、
ラクに右内ももを使って起き上がる事ができます。

この種目も左右バランス良く行ってください。


これらのエクササイズは自宅でもどこでも簡単にできるエクササイズですので気軽にやってみていただければと思います。

心身健康チャンネル
心身健康チャンネル

心身健康倶楽部は、元気な中高齢者が日本中に溢れ、笑顔と笑いの絶えない社会づくりの一助となるために、筋力トレーニングにより、中高齢者の体力不足、筋力不足を解消し「全ての中高齢者が健康で現役生命を延長し、生涯自分の足で歩き、健康で自立した生活が送れる」ようにすることをサポートします