【中高年も宅トレ】少ない回数で劇的効果「逆スクワット」

:


こんにちは。
心身健康倶楽部代表の枝光です。

今回は単時間で効果が出やすく、どこでも出来る「逆筋トレ」というのをシリーズで紹介していきたいと思います。

まず脚の筋肉を鍛える「逆スクワット」を紹介します。

逆スクワット

スクワットは下半身全体を鍛えることができると言われており、日常生活で最も使う筋肉を鍛えることが出来る種目になっています。

まずはダンベルを用意してください。
ダンベルがなければ水を入れたペットボトルなどで構いません。

1.足幅は肩幅より少し開いて胸を張り、手のひらを少し外側に向けてしゃがむ体勢からからスタート

2.このしゃがんだ状態で3秒キープ

3.息を吐きながら2秒かけて上がる

4.息を吸いながら5秒かけてしゃがんだ状態に戻る

これは普通のスクワットよりきついですが、5〜6回やっていただければ十分に脚に効かせることができます。

自宅で簡単にできますのでぜひやってみてください。

心身健康チャンネル
心身健康チャンネル

心身健康倶楽部は、元気な中高齢者が日本中に溢れ、笑顔と笑いの絶えない社会づくりの一助となるために、筋力トレーニングにより、中高齢者の体力不足、筋力不足を解消し「全ての中高齢者が健康で現役生命を延長し、生涯自分の足で歩き、健康で自立した生活が送れる」ようにすることをサポートします