【中高年の簡単筋トレ】夏までにお腹やせ!「逆腹筋」

:


こんにちは。
心身健康倶楽部代表の枝光です。

今回は逆筋トレシリーズ4回目ということで「逆腹筋」紹介したいと思います。

腹筋の筋トレというのはあまり効果を感じることができないと感じる人が多い種目です。
ですがこの逆腹筋を行うと、とても効果が感じられると思います。

腹筋を行うことですぐ腹筋が割れるのではなく、腹筋を鍛えてその上にある脂肪が燃えることによって腹筋は割れます。
ですのでまずは腹筋の部分代謝を上げることが大事です。

逆腹筋

まずは腰が痛くならないように身体の下に敷くものと、腰の下におけるようなクッションを用意してください。

1.脚を軽く曲げ、内ももを閉じて下腹部に力が入るように意識する

2.胸の前で腕を組んだ状態で3秒キープ

3.息を吸いながら5秒かけて身体を倒す

4.息を吐きながら2秒かけて身体を起こす

回数は5〜6回で十分に腹筋に効かせることができます。

心身健康チャンネル
心身健康チャンネル

心身健康倶楽部は、元気な中高齢者が日本中に溢れ、笑顔と笑いの絶えない社会づくりの一助となるために、筋力トレーニングにより、中高齢者の体力不足、筋力不足を解消し「全ての中高齢者が健康で現役生命を延長し、生涯自分の足で歩き、健康で自立した生活が送れる」ようにすることをサポートします